GeneChip 解析サービスtrust

 
DNAマイクロアレイを筆頭に、Affymetrixが開発したプローブアレイです。遺伝子発現解析やDNA解析に応用され、世界的に高く評価されています。
現在、800以上のGeneChip(R)関連の論文が発表されており、マイクロアレイのグローバルスタンダードとなっています。
シングルカラー方式のため実験後に様々な組み合わせによるデータ解析が可能で、研究者間におけるデータ比較、公開、共有を制限なく行う事も可能です。
最高水準のサービスを提供できるよう、アフィメトリクス・ジャパンによる技術トレーニングを受けた専任の技術者が解析を行います。

3’ IVT Array (発現解析)
Human Genome U133 網羅的遺伝子発現解析、特徴が明らかなヒト遺伝子38,500個、転写産物数47,000個以上
Mouse Genome 430 網羅的遺伝子発現解析、特徴が明らかなマウス遺伝子34,000個、転写産物数39,000個以上
Rat Genome 230 網羅的遺伝子発現解析、特徴が明らかなラット遺伝子28,000個、転写産物数30,000個以上
その他 ウシ、シロイヌナズナ、トマト、アカゲザルなど約30種類以上の生物種に対応
Human Gene 1.0 ST
Human Gene 1.0 ST 転写産物の全長をカバーするプローブデザインで28,869個の正確な遺伝子発現像を調べる事が出来ます。
Mouse Gene 1.0 ST 転写産物の全長をカバーするプローブデザインで28,853個の正確な遺伝子発現像を調べる事が出来ます。
Rat Gene 1.0 ST 転写産物の全長をカバーするプローブデザインで27,342個の正確な遺伝子発現像を調べる事が出来ます。
SNP Genotyping
Human Snp Array 6.0 一塩基多型(SNP)906,600以上とコピー数多型946,000以上の遺伝子マーカーを調べる事ができます。
Mapping 500K Array set 転写産物の全長をカバーするプローブデザインで28,853個の正確な遺伝子発現像を調べる事が出来ます。
本サービスは、(株)ジェネティック ラボの受託サービスです。
※その他のアレイについてはお問い合わせ下さい。
お問い合わせ